誰にも言えない悩みを打ち明けよう!不倫の問題はプロにお任せ

official clothes

税理士に多い悩み

official clothes

相続税が発生するのは一部のお金持ちに限られていました

昔から、相続税の節税方法を指南する書籍などが販売されていましたが、実際にそれらの書籍を購入して節税対策の参考にしようとするような人は、全体から見るとごく一部の人に限られていました。なぜかというと、相続税の課税対象から控除される基礎控除額が結構大きかったので、一般庶民が相続税の納税義務を負うハメになるようなケースがほとんどなかったからです。はっきり言って、相続税の支払い義務を負うような人は一部のお金持ちだけに限られていました。そのため、相続税の申告手続きを税理士に依頼する個人客の数も少なくなっていたのが実情です。しかし、最近になって税法が改正され、従来であれば相続税が課税されなかったような人にも、税金の納税義務が生じるようになりました。そのため、今後は個人客が税理士を利用するケースが増えるのではないかと考えられています。

税理士に相談する人が増加しそうです

先程述べたような事情があるため、今後は税理士のサービスを利用する人の数が急増するだろうと予想されています。納税手続きの代行サービスの利用希望者が増えるのはもちろんですが、生前に節税対策の相談サービスを利用する人が増加することになるだろうと考えられています。実際に、現在でも税理士による節税相談サービスが高い人気を呼んでいるのですが、社会全体の高齢化が進んでいますので、相続税の節税を真剣に考える人が多くなってきています。都内にマイホームを持っている人が亡くなったような場合ですと、かなり高い確率で相続人が相続税の納税義務を負うことになると考えられていますので、今後は相談者の数がさらに増加していくだろうと予想されています。